Slogan Group Blog

スローガングループの事業、組織、採用、広報などの情報発信をしていきます。

テクノロジーと人材需給の社会変化の中で

下記のような記事がありました。

tech.nikkeibp.co.jp

少子高齢化による人材不足の深刻化がしばらくは続きますが、2020年代の半ば以降には、AIやロボットによるデジタル化による無人化の流れで人材余剰の状況になるだろうという予測です。

NewsPicks上のスローガン代表・伊藤豊上記記事へのコメントもあわせて読んでいただければと思います。

スローガンが創業してから12年以上が経ちますが、改めて、スローガンの創業理念と存在意義をこうした社会背景と照らして考えても意義深いものだと感じます。

ミッションで「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで、新産業を創出し続ける」と言っているわけですが、まさにAI・デジタル化によって既存産業の革新が進み、テクノロジーによる無人化・失業が起こり続ける社会において、どのように人の可能性を向き合い、社会に対して価値を創出し続ける人を増やし続けられるか?というテーマなわけです。

テクノロジーが革新する世界において通用する、生き残る人になるための新しい時代のキャリア構築ルートを提案し、実践者を支援するプラットフォームになるという、今後10年・20年で台頭するキャリアにおけるインフラを担っていきたいと思います。

これまで主力として取り組んできたGoodfindはまさに新しい時代のキャリアの入口を新卒学生の皆さんに提案してきたつもりですし、今まさに取り組んでいるベンチャー転職支援のGoodfind Careerや、新産業・イノベーション領域のコミュニティメディアFastGrowもまさに、そうした時代背景に沿って提供していく重要なインフラを目指します。

創業から13年目を迎えて、改めて上記のようなコンセプトを包含しつつ、改めてスローガンのミッション、ビジョン及びその時代的解釈をアップデートしていきたいと思います。またどこかのタイミングで共有できればと思います。

長期インターンを受け入れる企業さんが増えています

先日の日経の記事ですが、長期インターンが増えている様子が記事になっています。「超青田買い」という見方はできなくはないですが、必ずしもそういう意図でやっているわけではない長期インターンも多いので、変な目で見て批判されるようなことがなければ良いなと思います。

www.nikkei.com

純粋に良い経験ができる成長機会として学生さんにとっても意味のあるものになっていますし、企業としても長期インターンを青田買いとしてではなく、業務を担っていただく立派な戦力として期待しているスタートアップやベンチャーは多いです。

弊社でも創業期から長期インターン学生をたくさん採用していますし、今も常時在籍人数で言えば40-50人近くいます(正社員数は70人規模)もちろん、長期インターン経由して社員になった人もいますが、比率で言うと少数派です。私たちも採用目的(青田買い)のつもりでやっているわけではなく、さまざまな業務を担っていただく期待をして採用してきました。

また、弊社では、InternStreet(インターンストリート)という長期インターン紹介事業もやっていまして、こちらも年間のマッチング数は伸び続けています。主に、スタートアップや小規模なベンチャー企業が多いのですが、中には上場企業もあります。

internstreet.jp

実際の企業さんのニーズとしても、本当に良い学生が来てくれるのなら長期インターンを採用したいと思う企業さん(もしくは特定部署)は多いと思いますが、やはり問題なのは、採用ルートや手間の部分でしょうか。

優秀でそれなりに勤務コミットしてくれる学生がいるなら、採用したいと思うでしょうが、媒体や自社サイトなどでの自前でのインターン採用はなかなか手間がかかるので大変です。

弊社のサービスでは、学生を面談してしっかりと意識付けやコミットを確認した上で、しっかりと活躍できそうな学生を紹介するサービスとしてご好評いただいております。求人媒体や自前の募集でやってみて、応募は来るんだけど、すぐ辞めちゃうとか、良い学生があまり来ないなぁと感じて長期インターンの募集を辞めてしまった企業さんは是非一度、弊社にご相談ください。
長期インターンサービスに関するお問い合わせはこちらからお願いします)

若手優秀人材を獲得するための採用PR(広報)&採用コンテンツ企画セミナーやります

f:id:sloganinc:20180711153655j:plain

FastGrowの事業責任者・西川ジョニー雄介が登壇する、企業様向けのセミナーのご案内です。数々の企業のPR実績を持つコミュニケーションエージェンシー、株式会社On'yomi(オンヨミ)様との共催企画です。

大手企業、ベンチャー企業関係なく、若手優秀層の採用は一筋縄ではいきません。採用強化しようとした際に、必要な打ち手や取り組んだ方が良いことがあります。

今回は、今注目される採用PR、コンテンツ作成・発信のようなテーマで、企業規模問わずで実践できる成功事例を中心にお話します。

開催概要

日時:2018/07/25 (水) 15:00 - 17:00

場所:スローガン株式会社(港区南青山)

対象:大手企業の採用・人事担当者、ベンチャー・スタートアップの経営者・採用担当者、広報担当者

fastgrow-onyomi.peatix.com

 

新卒1号の川野がスローガンに戻ってきました

f:id:yutakaitoslogan:20180711181734j:plain

スローガンの創業期からいるメンバーの1人で、昨年7月からREAPRA Venturesにレンタル移籍していた川野真太郎が、今月からスローガンに帰任しております。

川野は新卒第1号で、当時社員がいなかった(役員2名と業務委託という構成)スローガン3期目のときに開催した新卒採用説明会に参加した7名の学生のうちの1人でした。私が2時間ぐらい話をした後に、「スローガンで働きたい人はメールください。メールくれた順から採用します」みたいなことを言ったのですが(すでに記憶曖昧)その日のうちにメールをくれたのは川野だけでした。

そして、その次の日ぐらいから働き始めて、はれて内定者インターン第1号の誕生となりました。その数日後に別の2人ぐらいからも働きたいとメールをもらい、インターンには来てもらったのですが、2人ともすぐに脱落しました。川野はそのまま生き残り翌年4月に正社員として入社します。

インターンを開始したのが2008年の4月ですので、かれこれ10年が過ぎました。10年間、新卒から中途から問わず、ベンチャー・スタートアップの人事・組織系の課題・悩みにずっと向き合ってきた稀有な経験の持ち主です。おまけに、直近1年もREAPRA Venturesの立ち上げ期の中で経験したこともこれからスローガンに還元してもらえそうで楽しみです。

復帰後、何するか?については、ざっくりと合意はあるものの、敢えて探索的に動く部分も残してあります。良い機会ではありますので、スタートアップ・ベンチャー企業の悩み事について彼の方でも整理していきたいと思っているようですので、下記からコンタクトいただくでも良いですし、直接facebookやメール等でご連絡いただく形でもかまいませんので、ご相談・ご連絡いただければと思います。

bosyu.me

決算期変更および変則決算について

弊社は創業以来ずっと決算期を9月末にしていたのですが、今年から2月末に変更をしました。変更の理由としては、会計基準の変更にあわせて売上計上月に変更があり、業績予測のしやすさを考慮して決算期を変更した方が良いと判断したためです。

今年の5月22日に弊社の2018年2月期の決算公告が官報に掲載しておりましたが、こちらは5ヵ月の変則決算となっておりまして、かつ会計基準変更後は4月に最も売上が集中する構造になりましたので、4月を含まない17年10月-18年2月の5ヵ月決算のため、大幅な赤字決算となりました。

f:id:sloganinc:20180710123018p:plain

社内での決算説明はしっかり行っておりましたが、一部お客様や取引先の関係者の皆さんからご心配する声もいただきましたので、こちらで公式に説明を出させていただいた次第です。

各事業の状況について

ついでに、事業進捗などを中心に、会社全体の状況もあわせて簡単に共有できればと思います。

新卒領域の事業については、各種方針の変更などでこれまでのやり方を変え、業績としては良い方向に舵を切れている状態です。一部既存のお客様に対しては説明不足であった部分もありご迷惑・ご心配をおかけした部分もあるかと存じますが、あらためてお客様への価値提供、ユーザに対する価値提供という観点でも新しい方針をブラッシュアップしながら良い形で進化していければと思います。

新卒領域については、新しい取り組みを柔軟にしていきたいと思っていますので、これまでお付き合いのなかった企業様も是非ご相談ください。≫お問い合わせフォーム
(これまでリソース不足を理由にお断りすることも多かったのですが、最近は前よりは積極的にご提案できるようになっています。引き続き、お手伝いが難しいケースもありますが予めご了承ください)

ここ2-3年のうちに新規事業として取り組んできた事業については、6つほどありましたが、うち2つについては撤退(起業支援とフリーランス。2つともMBOして事業としてはグループ外で継続)、4つ(転職領域、HRクラウド、ビジネスメディア、長期インターン)については順調な立ち上がりを見せています。

ベンチャー転職に特化したエージェントサービスであるGoodfind Careerについては、スローガンアドバイザリーとして順調に結果を出してきています。社員数名のスタートアップから100名以下のフェーズのベンチャー企業を中心にお役に立てている状況で、まずスローガンアドバイザリーだけに相談いただくケースも増えてきています。

career.goodfind.jp

HRクラウド領域としては、チームアップの導入企業様が増えてきており、50社を超えてきました。スタートアップから大企業まで1on1の導入を検討されている中で、360度評価機能だけではなく1on1支援システムとして導入いただくケースが増えています。

www.teamup.jp

ビジネスメディアのFastGrowについては、立ち上げから1年3ヵ月ですが、知名度・認知度も上がってきており、最初はスローガンの既存サービスのためのオウンドメディアと誤解される方も多かったのですが、メディア事業として独立した収益セグメントとして運営しております。最近は、若手の経営人材志向の人たち向けのコミュニティメディアとしての方向性を強化しており、先日お伝えしましたとおり、オフラインの会員制イベントSFTPもスタートしました。

www.fastgrow.jp

長期インターンについては、元々Goodfindインターンという形で新卒事業のサブコンテンツとして運営してきましたが、今年4月から別メディアとして長期インターン紹介のInternStreetというサービスにリニューアルし、事業部も分けて運営を始めています。

internstreet.jp

それぞれの事業で人材採用強化中。

募集ポジション一覧まとめております。以下のHRMOSから直接応募いただく方も増えてきておりますが、他社エージェント経由でも勿論かまいません。(Goodfind Careerからご登録いただき担当エージェントにスローガンも興味ある、とお伝えいただいて選考が進むケースも増えています)

hrmos.co

若手社会人向けのキャリア開発コミュニティ開始しました

f:id:sloganinc:20180709103000j:plain

社会人1-3年目を対象とした、キャリア開発コミュニティをスタートしました。

www.sftp.biz

これまでGoodfindFactLogicを通して、大学生・大学院生向けのキャリアセミナー、就職関連の支援をしてきました。卒業していく学生の皆さんからの声として、社会人でも参加できるイベントやセミナーがあれば是非参加したいという声を多くいただいていました。

これまでも単発で社会人向けイベントを開催することはありましたが、この度、若手(社会人1-3年目)に限定した会員制のコミュニティの形式で、定期的にイベントを開催していくSlogan Fast Track Program(SFTP)を開始します。

Fast Trackとは、「急行」や「追い越し車線」といった意味です。社外のビジネスナレッジと同世代のネットワークを武器に、それぞれのキャリアを加速させることができるコミュニティを目指します。

運営するチームは、産業創出・イノベーションを加速させるビジネスメディア・FastGrowを運営するチームで運営します。FastGrowはスローガンのオウンドメディアという位置づけではなく、ビジネスメディア事業という位置づけで、収益セグメントとして強化しています。今回のSFTPの取り組みと併せて、オンライン/オフライン双方で若手の経営人材志向のコミュニティの強化・活性化に取り組んでいきます。

ということで、FastGrowチームもビジネス職(企画営業)を採用強化中です。まだ立ち上げ2年目の社内スタートアップ的なスモールチームで急成長中です。経験よりも情熱・ポテンシャルを重視して採用できると思うのでメディアビジネス未経験でも、スタートアップやイノベーション分野に熱意ある方のご応募お待ちしています。

hrmos.co

また、FastGrowtwitter限定での情報発信もしていますので、よかったらtwitterもフォローしてみてください。

twitter.com

Vacksにて代表・伊藤のインタビュー「ベンチャー企業での人材確保の成功と失敗」が掲載されました。

f:id:sloganinc:20170929162206p:plain

株式会社ラクーンさんが運営するメディア・Vacks(バックス)にてスローガン代表の伊藤のインタビューを掲載いただきました。

vacks.paid.jp

ラクーンさんは、弊社の長期インターン紹介事業でお付き合いがあり、そのご縁から、今回のインタビューが実現しました。

ベンチャー企業における採用をテーマに語っていますので、是非ご一読いただければと思います。

Powered by Hatena Blog