Slogan Group Blog

スローガングループの事業、組織、採用、広報などの情報発信をしていきます。

FastGrowにFastGrowに関する記事を掲載しました。

f:id:sloganinc:20190219175830p:plain

2017年4月にスローガンの新規事業として誕生し、まさに企業内スタートアップとして事業立ち上げに邁進してきたチームFastGrowが、FastGrowのメディアに登場し、何を目指すのかについて語っています。

FastGrowはサービスとしても立ち上げからまだ2年も経っていない、まだまだ黎明期のチームです。記事中に登場する平野は、学生起業の経験もあり、FastGrowで働きながらも次の起業を予定していましたが、FastGrowに正式にジョインしました。その経緯についても語っています。

www.fastgrow.jp

企業内スタートアップとしてのFastGrow。キーワードは、「共創」ですので、いろいろな関わり方が可能かと思います。手伝ってみたい、働いてみたい、などご興味ある方は、上記記事の最後にあるフォームから是非ご連絡ください。

NewsPicksにスローガン代表・伊藤豊の寄稿が掲載されました。

f:id:sloganinc:20190218163932p:plain

NewsPicksにスローガン代表の伊藤の寄稿が掲載されましたので、お知らせいたします。ProPickers NOTEというシリーズの枠で、会社選びを「正解」にする4つの習慣というタイトルでコンテンツをまとめています。

newspicks.com

これまで13年間に渡って、学生向けにGoodfindを通して提供してきた、会社選びやキャリアに関するアドバイスのエッセンス版的にまとまっている文章ですので、これから就職活動を迎える皆さんは勿論、これから社会人になったり既に働き始めている皆さん、もっと言うと、採用活動に関わる企業の皆さんにも是非読んでほしい文章です。

有料会員じゃないと読めないNewsPicksのオリジナルコンテンツとなっていますが、学生の皆さん向けには、先日発表しましたGoodfindとNewsPicksとのコラボレーション企画をご活用いただければ、30日間無料体験もできますので、下記からご活用ください。

newspicks-trial.goodfind.jp

エンジニア組織のHRをテーマにイベントを開催していきます。

f:id:sloganinc:20190108165042p:plain

あけましておめでとうございます。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

スローガングループのチームアップ株式会社では、今年から新たな取り組みとして、エンジニア・開発組織におけるHRトピックに関するナレッジシェアイベント"TeamUp Developers LAB"を開催していきます。

第1回目は、2019年1月19日開催で、テーマはベンチャー・スタートアップフェーズにおける開発メンバーのオンボーディング』 となっております。

teamup.connpass.com

組織文化の浸透、プロダクトやプロジェクトの理解、目標設定、メンタリング等... やるべきことはいくらでも挙げられますが、どの手法が、どんな開発者のオンボーディングに効果を発揮するのでしょうか。

今回のイベントでは、十名前後のスタートアップCTOや、数十名規模のベンチャーCTOの方をお呼びして、各社のオンボーディングに関する取り組みについてお話しいただきます。 うまくいった施策だけでなく、これは失敗したという施策や、今まさに取り組んでいる施策についても、情報共有していただきます。

  • 急成長するプロダクトの開発の現場でCTOが取り組む自律型組織をつくる仕組み
    〜事業とメンバーが共に成長できるように〜
    (GVA TECH株式会社 取締役 CTO/エンジニア 本田 勝寛様)
  • チーム全体での相互補完で実践する“リモート×オンボーディング”
    (シタテル株式会社 CTO / 開発・R&D 和泉 信生様)
  • ベンチャーフェーズで実現する“急がば回れ”のオンボーディング
    ~全ては組織とプロダクトのコンセプトのために~
    (株式会社エバーセンス / 開発部 部長 西山 修様)

TeamUpは360度フィードバックと1on1などのフィードバックを通した人材育成を支援する仕組みを提供します。

大企業からスタートアップまで幅広くご利用いただいていますが、最近、エンジニア組織においてご活用いただいている事例が増えています。

今回のイベントでも登壇されるGVA TECH様のTeamUpの導入事例も併せてご確認ください。

www.teamup.jp

FastGrowの西川ジョニー雄介のインタビューがco-mediaに掲載されました。

f:id:sloganinc:20181229133725p:plain

FastGrowの事業責任者である西川ジョニー雄介のインタビューがco-mediaさんに掲載されました。

www.co-media.jp

外資投資銀行IBDの内定を辞退するに至った、スローガン代表の伊藤との初対面時の話や、その後、未上場だったモバイルファクトリーに入った話、そして起業の失敗、スタートアップでの営業経験の試行錯誤と役員への昇格、そしてスローガンに入社するまでと、ユニークなキャリアの軌跡について語っています。

記事にはありませんでしたが、スローガンに入社を決めたときには、代表の伊藤に「スローガン入りますね」と伝えただけで、伊藤は「お、おう。内定出してないけど、まあ良いよ」というやり取りがあったそうです。変ですね。

そんなジョニーが登壇する学生向けのセミナーを年明け開催します。

www.fastgrow.jp

 

スローガンアドバイザリーのマーケティング施策がfanp導入事例で紹介されました。

f:id:sloganinc:20181218183415j:plain

スローガングループのスローガンアドバイザリーでのチャットボットを用いたマーケティング施策について、fanp様の導入事例としてご紹介いただきました。

blog.fanp.me

スタートアップ・ベンチャー転職に特化したキャリア支援サービスGoodfind Careerだからこそ、旧来のやり方やプロセスに拘らずに、ユーザである候補者の皆様にとって快適なユーザ体験をフラットにゼロベースで検討した結果、チャットボットを活用するという発想に行き着きました。

あらためてスローガンアドバイザリーとは?

スローガンアドバイザリーは設立から2年ちょっとでまだ10名規模とスモールなチームでやっていますが、とても熱量高く、候補者・企業の皆さんと向き合っているチームです。

最近では、ベンチャーキャピタル各社との連携の動きでよりシード・アーリー期の無名のスタートアップ支援に積極的に取り組んだり、一方で大手企業の新規事業案件のお手伝いなども手掛けたりと、既存他社の人材紹介会社ではリーチしにくいゾーンに活動をフォーカスしてきています。
(他社エージェントでまだ扱っていない、設立まもないスタートアップの案件も日々どんどん入ってきています)

そんな熱量あるスモールチームでは絶賛採用中です。今キャリアアドバイザーとして活躍しているメンバーの殆どが未経験からスタートしていますので、前職関係なく採用しています。

hrmos.co

こちらからチャットボット実際に体験できます。

また、上記チャットボット活用のマーケティング施策ですが、下記リンクから実際にFacebook Messengerを使ったチャットボットでのキャリア支援サービスを体験できます。転職を少しでも考え始めた皆様はこの機会に是非ご活用ください。

https://m.me/GoodfindCareer

ソーシャルアントレプレナーズアソシエーションのメンターにスローガン代表・伊藤が就任しました。

f:id:sloganinc:20181114192254j:plain

一般社団法人ソーシャルアントレプレナーズアソシエーション(SEA)のメンターとしてスローガンの代表・伊藤豊がお手伝いすることになりました。

同団体は、ソーシャルアントレプレナー社会起業家)に対するメンタリングとSEED投資を中心とした資金支援、コミュニティ形成などを通して支援を行う一般社団法人として設立されました。

スローガンとしても、日本の社会的課題の一つである、労働市場の歪み、特に新産業・イノベーション領域など成長分野への人材の流動化というテーマで社会的事業を13年間に渡って行ってきた経験を評価いただき、メンターとしてご指名いただきました。

www.social-ea.org

近年、国連が推進するSDGs(サスティナブル持続可能な開発目標)への関心も高まり、ビジネスを通した社会貢献を行う社会的事業への注目は高まっています。

スローガングループとしても、社会課題を捉えて事業化してきた経験・知見を積極的に共有し、コミュニティ形成に寄与することで、新たな社会起業家の挑戦をサポートできたらと考えています。

 

東京本社オフィスを少しリニューアルしました。

f:id:sloganinc:20181107194815j:plain

東京本社・南青山のオフィスの3Fエントランスのデザインを変更しました。上記の写真のように、薄いグレーの壁に白文字で少し浮き出た形のコーポレートロゴタイプ、というデザインです。

Before/Afterで比較すると↓のような感じとなります。

f:id:sloganinc:20181108181558j:plain

プラスして、2Fの会議室も追加されました。元々、出資先だった関連する会社が入居していたスペースでしたが、退去後に、そのままミーティングスペースになっていたのですが、殺風景でしたので、グレーに塗った仕切り壁を入れて下記のような会議室としました。

f:id:sloganinc:20181108181633j:plain

会議室名の「HIHI」は、壁の色のグレーを表す「灰色の"はい"」と、英語の挨拶の"Hi!"と"Hi!"が出会う場所という意味も込めて、「HIHI」となっている、(隠れた)こだわりネーミング笑です。

ちなみに、2Fの他の会議室も同様に、壁の色を連呼するネーミングになっていまして、青い壁の「AOAO」、黄色い壁の「KIKI」、オレンジ(橙色)の「DAIDAI」などが存在します。

f:id:sloganinc:20181108181654j:plain

紫色の壁の部屋は、「LASKYLASKY」と呼ばれているのですが、これは、「むらさきむらさき・・・」と言い続けると「らすきらすき」と聞こえてくることと、「らすきー」はLASKYと書いて「LA(ロサンジェルス)の空」みたいな謎にオシャレな単語になることから命名されました。

以上、スローガンメンバーも知らないかもしれない、豆知識を盛り込みつつ、お送りいたしました。現場からは以上です。

Powered by Hatena Blog